コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内豊熙 やまうち とよてる

美術人名辞典の解説

山内豊熙

江戸後期の土佐藩主。幼名は政太郎・晟太郎、字は君載、号は三鏡・鏡斎・芳洲。父豊資の隠居にともない第十三代藩主となる。文武に秀で、土佐藩中興の英主豊雍の行った天明の改革を模範として天保の改革を実行、馬淵嘉平ら新進の人材を登用して財政・行政の再建をはかった。また医学館や武芸所を新設して藩士の教育の充実をはかり、民情の把握にもつとめた。嘉永元年(1848)歿、34才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android