コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内豊熙 やまうち とよてる

1件 の用語解説(山内豊熙の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山内豊熙

江戸後期の土佐藩主。幼名は政太郎・晟太郎、字は君載、号は三鏡・鏡斎・芳洲。父豊資の隠居にともない第十三代藩主となる。文武に秀で、土佐藩中興の英主豊雍の行った天明の改革を模範として天保の改革を実行、馬淵嘉平ら新進の人材を登用して財政・行政の再建をはかった。また医学館や武芸所を新設して藩士の教育の充実をはかり、民情の把握にもつとめた。嘉永元年(1848)歿、34才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山内豊熙の関連キーワード楠瀬大枝松平斉恒大蔵虎武本阿彌親平山田竜谷土佐藩榊山四郎太郎(4代)下生成信土屋安親(6代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone