山勢検校(2代)(読み)やませけんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山勢検校(2代) やませけんぎょう

1812-1868 江戸時代後期の箏曲(そうきょく)家。
文化9年生まれ。山田流山勢家2代家元。江戸で初代にまなび,弘化(こうか)4年検校。平曲でも活躍。門人に山勢松韻(しょういん)(初代),山登万和(やまと-まんわ)らがいる。慶応4年2月13日死去。57歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本姓は杉本。名は軽(慶)風一。前名は山杉検校。作品に「かざしの雪」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android