コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口県下松市 くだまつ〈し〉

1件 の用語解説(山口県下松市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕下松〈市〉(くだまつ〈し〉)


山口県南東部の市。
瀬戸内海周防灘(すおうなだ)に面する。近世より瀬戸内海航路の港町、製塩業地として繁栄。第一次世界大戦後に工業化が始まり、鉄鋼・機械・造船などの重工業都市に発展。周防灘に浮かぶ笠戸(かさど)島は瀬戸内海国立公園の行楽地で、市街地とは笠戸大橋で結ばれる。花岡八幡宮の閼伽井坊(あかいぼう)多宝塔は国の重要文化財

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山口県下松市の関連キーワード牛窓周防灘瀬戸内海下松周南瀬戸内豊前防府柳井周防大島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山口県下松市の関連情報