コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口県下松市 くだまつ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕下松〈市〉(くだまつ〈し〉)


山口県南東部の市。
瀬戸内海周防灘(すおうなだ)に面する。近世より瀬戸内海航路の港町、製塩業地として繁栄。第一次世界大戦後に工業化が始まり、鉄鋼・機械・造船などの重工業都市に発展。周防灘に浮かぶ笠戸(かさど)島は瀬戸内海国立公園の行楽地で、市街地とは笠戸大橋で結ばれる。花岡八幡宮の閼伽井坊(あかいぼう)多宝塔は国の重要文化財。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

山口県下松市の関連キーワード下松市笠戸島家族旅行村山口県下松市東海岸通り山口県下松市生野屋西山口県下松市生野屋南山口県下松市古川町山口県下松市末武中山口県下松市末武下山口県下松市白迫町山口県下松市中央町山口県下松市昭和町山口県下松市若宮町山口県下松市中須南山口県下松市西豊井山口県下松市藤光町山口県下松市潮音町山口県下松市樋ノ上山口県下松市桃山町山口県下松市北斗町山口県下松市大手町山口県下松市大藤谷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口県下松市の関連情報