コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口県下松市 くだまつ〈し〉

1件 の用語解説(山口県下松市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕下松〈市〉(くだまつ〈し〉)


山口県南東部の市。
瀬戸内海周防灘(すおうなだ)に面する。近世より瀬戸内海航路の港町、製塩業地として繁栄。第一次世界大戦後に工業化が始まり、鉄鋼・機械・造船などの重工業都市に発展。周防灘に浮かぶ笠戸(かさど)島は瀬戸内海国立公園の行楽地で、市街地とは笠戸大橋で結ばれる。花岡八幡宮の閼伽井坊(あかいぼう)多宝塔は国の重要文化財

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山口県下松市の関連情報