山口県下松市(読み)くだまつ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕下松〈市〉(くだまつ〈し〉)


山口県南東部の市。
瀬戸内海周防灘(すおうなだ)に面する。近世より瀬戸内海航路の港町、製塩業地として繁栄。第一次世界大戦後に工業化が始まり、鉄鋼・機械・造船などの重工業都市に発展。周防灘に浮かぶ笠戸(かさど)島は瀬戸内海国立公園の行楽地で、市街地とは笠戸大橋で結ばれる。花岡八幡宮の閼伽井坊(あかいぼう)多宝塔は国の重要文化財。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口県下松市の関連情報