山口県光市(読み)ひかり〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕光〈市〉(ひかり〈し〉)


山口県南東部の市。
瀬戸内海の周防灘(すおうなだ)に面する。2004年(平成16)10月、旧・光市と熊毛(くまげ)郡の大和町が合併して現在の姿となる。第二次世界大戦後、海軍工廠(こうしょう)跡地に製薬・製鉄・化学・金属などの工場が進出。武田薬品と八幡製鐵(現・新日本製鐵)の大工場を中心に工業都市に発展。農業は稲作を中心にイチゴ・メロンなどの果物や野菜栽培が行われる。虹ケ浜・室積(むろづみ)の両海岸は景勝地で、海水浴場がある。石城(いわき)山神籠石(こうごいし)は国指定史跡。束荷(つかり)地区は政治家・伊藤博文(いとうひろぶみ)の生誕地で、伊藤公記念公園が整備されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口県光市の関連情報