コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口県大島郡周防大島町 すおうおおしま〈ちょう〉

1件 の用語解説(山口県大島郡周防大島町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕周防大島〈町〉(すおうおおしま〈ちょう〉)


山口県南東部、瀬戸内海の西に浮かぶ屋代島(やしろじま)(周防大島)と周辺の島々からなる町。2004年(平成16)10月、大島郡の久賀町、大島町、東和町、橘町が合併して成立。1町で大島郡をなす。
明治以降、ハワイなどへ海外移民を多く出した地として知られる。町域の一部は瀬戸内海国立公園に含まれる。大畠瀬戸(おおばたけせと)をまたいで大島大橋が屋代島と本州を結ぶ。旧・久賀町地区には江戸時代は長州藩の代官所がおかれ、明治期以降、瀬戸内海航路の要港として発展した。稲作とミカンなど柑橘類の栽培が盛ん。沿岸では小型底引き網漁・蛸壷(たこつぼ)漁などが行われる。ノリ・カキ・クルマエビなどの養殖も盛ん。橘ウインドパークはハンググライダー・パラグライダーの名所。第二次世界大戦中に島の沖合いで爆沈した戦艦陸奥(むつ)を記念した陸奥記念公園がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山口県大島郡周防大島町の関連情報