山口県山口市(読み)やまぐち〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕山口〈市〉(やまぐち〈し〉)


山口県にある市。
同県のほぼ中央部、椹野(ふしの)川流域の山口盆地を占める。北東部は島根県に接し、南部は周防灘(すおうなだ)に面する。県庁所在地。2005年(平成17)10月、旧・山口市と佐波(さば)郡の徳地町、吉敷(よしき)郡の秋穂町、同小郡町、同阿知須町が合併し、2010年1月に阿武郡阿東町と合併して現在の姿となる。この合併により、佐波郡、吉敷郡は消滅。室町時代、大内氏が山口盆地に京都を模した町を形成。中国大陸や京から各種文化が移入し、中世都市として発展。近世は毛利氏の支配下で一時衰退したが、幕末に萩(はぎ)から藩庁が移転、行政・教育の中心地となる。稲作のほか、カボチャ・タマネギ・ダイコンなどの野菜、イチゴ・ミカンなどの果物の栽培も盛ん。酪農・畜産のほか、沿岸ではノリやクルマエビの養殖が行われる。電機・食品・金属などの工場が操業する。大内塗(おおうちぬり)は国の伝統的工芸品に指定。
国宝の瑠璃光(るりこう)寺五重塔、常栄(じょうえい)寺庭園(国指定史跡かつ名勝)、サビエル記念聖堂、大村益次郎(おおむらますじろう)の墓など、大内氏時代や明治維新関連の名所・旧跡が多い。湯田(ゆだ)温泉は市内および萩・津和野(つわの)観光の基地。山口大学・山口県立大学ほか、博物館・美術館・歴史民俗資料館などの文化施設がある。一の坂川がある。きらら浜は周防灘に面する干拓地で、山口県立きらら浜自然観察公園などの施設がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口県山口市の関連情報