山口県熊毛郡上関町(読み)かみのせき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕上関〈町〉(かみのせき〈ちょう〉)


山口県南東部、熊毛(くまげ)半島南端と長島・祝島(いわいしま)・八島(やしま)などの島嶼からなる半農半漁の町。熊毛郡
上関大橋が本土の室津(むろつ)地区と長島を結ぶ。上関港は室町時代の日明(にちみん)貿易の要港で、防長(ぼうちょう)三関(上関・中関・下関)の一つ。小型底引き網・磯建て網漁業や、ビワ・ミカンの栽培が盛ん。皇座山(おうざさん)一帯は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android