山口県長門市(読み)ながと〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕長門〈市〉(ながと〈し〉)


山口県北西部にある市。
日本海に面する。2005年(平成17)3月、旧・長門市と大津郡の三隅町、同日置町、同油谷町が合併して現在の姿となる。この合併により、大津郡消滅。江戸時代、正明市(しょうみょういち)地区は市場町、仙崎(せんざき)港は西廻(まわり)海運の寄港地として発展。近海・沿岸漁業と水産加工業のほか畜産が盛んで、セメント、建材などの工業がある。平野部では良質米を産し、スイカや花卉(かき)、葉タバコなどの栽培も行われる。仙崎かまぼこ、萩焼(国の伝統的工芸品)が特産品。北長門海岸国定公園の中心をなす青海(おうみ)島や、油谷地区の俵(たわら)島は国の名勝かつ天然記念物に指定されている。黄波戸(きわど)温泉・俵山温泉・湯免温泉などが湧く。日本の棚田百選に選ばれている油谷東後畑の棚田がある。向津具(むかつく)半島付け根に広がる千畳敷には風力発電用の風車が設置されている。詩人の金子みすゞ、画家・香月泰男(かづきやすお)の出身地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口県長門市の関連情報