コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口県阿武郡阿武町 あぶ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕阿武〈町〉(あぶ〈ちょう〉)


山口県北部、日本海に臨む町。阿武郡
南東部の玄武岩台地は無角和牛飼育の先進地。スギやヒノキの木材を産する。農業は稲作のほか、スイカキウイフルーツといった果物の栽培が盛ん。沿岸では大敷き網漁・ウニ漁やブリ・アワビの養殖が行われる。江戸時代製鉄所である白須(しらす)たたら製鉄遺跡(国指定史跡)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

山口県阿武郡阿武町の関連キーワード山口県阿武郡阿武町福田上山口県阿武郡阿武町福田下山口県阿武郡阿武町宇生賀山口県阿武郡阿武町奈古山口県阿武郡阿武町惣郷山口県阿武郡阿武町木与山口県阿武郡阿武町宇田白須たたら製鉄遺跡夫婦島宇田島阿武町姫島鹿島

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android