山口銀行[株](読み)やまぐちぎんこう

百科事典マイペディアの解説

山口銀行[株]【やまぐちぎんこう】

山口県を地盤とする地銀上位行。1878年に第百十国立銀行が創業。のち百十銀行に改称。大正初期の不況の余波を受けたが,大阪の山口銀行(後の三和銀行)の支援で乗り切った。〈一県一行主義〉政策に従い,1944年県下の5行が合併し山口銀行を設立。県下唯一の普通銀行となる(現在は第二地銀あり)。その前年,合併促進のため三和銀行から百十銀行に役員が派遣され,合併後の頭取に就任した。2006年もみじホールディングスを実質吸収合併し,山口フィナンシャルグループに名称変更。本店下関市。2011年資本金500億円,2011年3月期経常収益1641億円。売上構成(%)は,中小企業等向け61,住宅・消費者向け18。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android