コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山古志[村] やまこし

1件 の用語解説(山古志[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やまこし【山古志[村]】

新潟県中部,古志郡の村。人口2523(1995)。魚沼丘陵が村域の大部分を占め,西部は長岡市,小千谷市に接する。県内でも有数の豪雪地で,根雪期間は150日に及ぶ。古くは山古志郷二十村と呼ばれた山村で,山腹に切り開かれた棚田での米作,養蚕,畜産を営んできた。特産物のニシキゴイの養殖は近世中期に始まり,1914年東京で開かれた博覧会に出品してから全国的に有名になり,村の主産業となった。63年には錦鯉養殖漁業協同組合が結成され,78年には錦鯉センターが開設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山古志[村]の関連キーワード黒崎新潟平野植木組出雲崎小千谷五泉三条新潟見附新潟県の村

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone