コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山古志〈村〉 やまこし〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕山古志〈村〉(やまこし〈むら〉)


新潟県中部、魚沼丘陵北部に存在した村。古志郡。
豪雪地帯で、牧牛や棚田の用水池を利用した錦鯉(ニシキゴイ)の養殖でも知られたが、2004年(平成16)の新潟県中越地震で大きな被害を被る。2005年4月、合併のため廃止。この合併により、古志郡消滅。⇒長岡市

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

山古志〈村〉の関連キーワード中越地震後の集団移転牛の角突きの習俗新潟県長岡市広神[村]神楽南蛮山古志マリ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android