山名 文夫(読み)ヤマナ アヤオ

  • 山名 文夫 (やまな あやお)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期のグラフィックデザイナー,イラストレーター 資生堂顧問。



生年
明治30(1897)年3月17日

没年
昭和55(1980)年1月14日

出生地
広島県広島市

出身地
和歌山県

学歴〔年〕
和歌山中(現・桐蔭高)〔大正5年〕卒

経歴
和歌山県で少年時代を送り、大正6年大阪に出て赤松麟作主宰の洋画研究所で油彩を学ぶ。ほぼ独学で商業デザインを勉強、雑誌「女性」などの挿絵を担当した。12年プラントン社に入社し、イラストレーターとしての活動を開始。資生堂入社の昭和4年以降は、広告でユニークな装飾画を発表。繊細な線で官能的、現代的な感覚の資生堂調を築いた。7年独立し、名取洋之助主宰の日本工房のスタッフも務めるが、11年資生堂に復職し、PR誌「花椿」の装丁などを担当。戦中は国策宣伝にも携わるが、戦後再び資生堂嘱託、顧問に。多摩造形芸術専門学校(現・多摩美術大学)教授もつとめ、日本デザイナー学院を開校。日本のグラフィックデザイナー草分け著書に「体験的デザイン史」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1897年3月17日
昭和時代のグラフィックデザイナー。資生堂顧問
1980年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android