コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山女・山女魚 やまめ

大辞林 第三版の解説

やまめ【山女・山女魚】

サケ目の魚。サクラマスの陸封型。全長約25センチメートル。体は淡褐色で、体側に暗色の楕円の斑紋があり、背に小黒点が散在。渓流の冷水域にすみ、昆虫や小魚などを捕食。美味。釣りの好対象魚。太平洋側は関東地方以北、日本海側は九州に分布。ヤマベ。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

山女・山女魚の関連キーワードサクラマス陸封型冷水域ヤマベ淡褐色捕食楕円小魚体側暗色斑紋散在

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android