山女・山女魚(読み)やまめ

大辞林 第三版の解説

サケ目の魚。サクラマスの陸封型。全長約25センチメートル。体は淡褐色で、体側に暗色の楕円の斑紋があり、背に小黒点が散在。渓流の冷水域にすみ、昆虫や小魚などを捕食。美味。釣りの好対象魚。太平洋側は関東地方以北、日本海側は九州に分布。ヤマベ。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 サケ目サケ科の一種サクラマスの河川陸封型をいう。全長約四〇センチメートルに達する。体形はマスに似るが体側に暗色の小判状斑紋が並び、小黒点が散在するが、朱点はない。主として東日本の渓流にすみ、釣りの対象魚。美味。近似種に、体側に赤色点の現われるアマゴ(甘子)がいる。やまべ。あめのうお。ひらめ。《季・夏》
※俳諧・続虚栗(1687)十月一一日餞別会「卯月の雪を握るつくばね〈芭蕉〉 鰥(ヤマメ)つる袖つくばかり早瀬川〈由之〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android