山室 千代子(読み)ヤマムロ チヨコ

20世紀日本人名事典の解説

山室 千代子
ヤマムロ チヨコ

明治〜昭和期の箏曲家(山田流),胡弓奏者(藤植流) 藤植流家元;山田流箏曲研究会主宰;千代見会主宰。



生年
明治8年12月25日(1875年)

没年
昭和26(1951)年6月21日

出生地
東京本所

本名
三輪 千代子

旧姓(旧名)
小島

経歴
13歳で山室保嘉の養女となり、養父のほか3代目山勢松韻、山登万和櫛田栄清に師事。明治40年養父没後、藤植流胡弓家元となり、大正・昭和期の胡弓の第一人者となった。箏曲家としても美声で知られ、今井慶松、3代目荒木古童と移風会に参加して胡弓本曲を演奏、古童の尺八と胡弓との掛合演奏は話題になった。自らも山田流箏曲研究会、千代見会を主宰。三輪家に嫁し、三輪千代とも名乗る。箏曲作曲に「静御前」。門下の竹内和代、山田広代、市川雛代らが伝承する胡弓は記録無形文化財に指定された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

山室 千代子
ヤマムロ チヨコ


職業
箏曲家(山田流),胡弓奏者(藤植流)

肩書
藤植流家元,山田流箏曲研究会主宰,千代見会主宰

本名
三輪 千代子

旧名・旧姓
小島

生年月日
明治8年 12月25日

出生地
東京・本所

経歴
13歳で山室保嘉の養女となり、養父のほか3代目山勢松韻、山登万和、櫛田栄清に師事。明治40年養父没後、藤植流胡弓家元となり、大正・昭和期の胡弓の第一人者となった。箏曲家としても美声で知られ、今井慶松、3代目荒木古童と移風会に参加して胡弓本曲を演奏、古童の尺八と胡弓との掛合演奏は話題になった。自らも山田流箏曲研究会、千代見会を主宰。三輪家に嫁し、三輪千代とも名乗る。箏曲作曲に「静御前」。門下の竹内和代、山田広代、市川雛代らが伝承する胡弓は記録無形文化財に選択された。

所属団体
移風会

没年月日
昭和26年 6月21日 (1951年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android