コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎前社長起訴内容

1件 の用語解説(山崎前社長起訴内容の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

山崎前社長起訴内容

JR西の安全対策を統括する鉄道本部長だった96年12月、事故現場カーブが半径600メートルから304メートルの急曲線に付け替えられた。この工事と翌97年3月のダイヤ改定による快速列車本数の増加などで、速度超過が原因の事故が起きる危険性が高まったと認識できたのに、ATSの整備を指示しなかった。

(2011-05-24 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山崎前社長起訴内容の関連キーワード警察本部JR私鉄学長総収運輸安全マネージメントフォース鉄道橋中枢神経可搬型ATS鉄道の安全対策事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone