コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎正夫前社長の起訴内容

1件 の用語解説(山崎正夫前社長の起訴内容の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

山崎正夫前社長の起訴内容

JR西の安全対策を統括する鉄道本部長だった96年12月、事故現場カーブが半径600メートルから同304メートルの急曲線に付け替えられた。さらに、翌97年3月のダイヤ改定で時速120キロまで加速できる車両を大量導入し、現場カーブを通る上り線快速列車は34本から94本に増えた。こうした状況から現場カーブの脱線事故の危険性が高まったと認識できたのにATS整備を指示せず、05年4月25日に事故を発生させた。

(2011-05-25 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山崎正夫前社長の起訴内容の関連キーワード警察本部JR私鉄学長総収運輸安全マネージメントフォース鉄道橋中枢神経可搬型ATS鉄道の安全対策事業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone