コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎稼翁

1件 の用語解説(山崎稼翁の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山崎稼翁

幕末・明治の地方開発者・豪農。尾張生。南画家山崎芸圃の父。名は良顕、字は君徳、通称は徳左衛門、別号に荻渚・黙斎・稼圃等。名古屋藩権少属准席出仕となり、諸役を経て、第二大区長・愛知郡長に任ぜられた。新田開発に尽力し、また学を好み、書を能くし、吟詠も嗜んだ。明治14年(1885)歿、64才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山崎稼翁の関連キーワード植松有園千原夕田関戸松下軒早斯尹長谷川鶴洲三輪可墨鰲巓道契特別地方公共団体公吏

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone