コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎稼翁

美術人名辞典の解説

山崎稼翁

幕末・明治の地方開発者・豪農。尾張生。南画家山崎芸圃の父。名は良顕、字は君徳、通称は徳左衛門、別号に荻渚・黙斎・稼圃等。名古屋藩権少属准席出仕となり、諸役を経て、第二大区長・愛知郡長に任ぜられた。新田開発に尽力し、また学を好み、書を能くし、吟詠も嗜んだ。明治14年(1885)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android