コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山川 秀峰 ヤマカワ シュウホウ

20世紀日本人名事典の解説

山川 秀峰
ヤマカワ シュウホウ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治31(1898)年4月3日

没年
昭和19(1944)年12月29日

出生地
京都

本名
山川 嘉雄

経歴
鏑木清方に美人画池上秀畝花鳥画を学んだ。大正8年第1回帝展に「振袖物語」が入選、昭和3年第9回帝展「安倍野」、第11回帝展「大谷武子」が特選となり、6年帝展無鑑査となった。伊東深水と青衿会を興し、美人画の開拓に尽くした。他に「序の舞」「信濃路の女」などがある。また、野村胡堂銭形平次捕物控」の挿絵も手がけた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

山川 秀峰 (やまかわ しゅうほう)

生年月日:1898年4月3日
大正時代;昭和時代の日本画家
1944年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

山川 秀峰の関連キーワード志村 立美小林 秀恒志村立美森 義利小林秀恒昭和時代生年月日山川方夫

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android