山形県天童市(読み)てんどう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕天童〈市〉(てんどう〈し〉)


山形県東部、山形盆地中央に位置する市。
武士の手内職に始まった将棋駒の生産で有名。中世豪族天童氏の本拠地。のち市場町として発展し、江戸時代後期には織田氏2万石の陣屋町。洋ナシ・ブドウ・サクランボなど果樹栽培と稲作・畜産が盛ん。電機・機械・食品工場などがある。市街地に天童温泉が湧く。東部の天童高原にキャンプ場・スキー場がある。春に行われる天童桜まつりでの人間将棋が有名。山形県総合運動公園、舞鶴公園がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山形県天童市の関連情報