山形県天童市(読み)てんどう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕天童〈市〉(てんどう〈し〉)


山形県東部、山形盆地中央に位置する市。
武士の手内職に始まった将棋駒の生産で有名。中世豪族天童氏の本拠地。のち市場町として発展し、江戸時代後期には織田氏2万石の陣屋町。洋ナシ・ブドウ・サクランボなど果樹栽培と稲作・畜産が盛ん。電機・機械・食品工場などがある。市街地に天童温泉が湧く。東部の天童高原にキャンプ場・スキー場がある。春に行われる天童桜まつりでの人間将棋が有名。山形県総合運動公園、舞鶴公園がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山形県天童市の関連情報