山形県尾花沢市(読み)おばなざわ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕尾花沢〈市〉(おばなざわ〈し〉)


山形県北東部の市。
最上川支流羽黒町丹生(にゅう)川流域を占める。豪雪地帯として知られる。延沢(のべさわ)銀山をひかえた羽州(うしゅう)街道の宿場町として発展。稲作のほか酪農、スイカ・花卉(かき)栽培が盛ん。電機・プラスチック加工などの工場がある。東部の銀山川上流に湧く銀山温泉は国民保養温泉に指定。民謡「花笠音頭」の発祥地といわれる徳良湖がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山形県尾花沢市の関連情報