コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山形県山形市 やまがた〈し〉

1件 の用語解説(山形県山形市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕山形〈市〉(やまがた〈し〉)


山形県中東部、山形盆地南部に位置する市。
同県の県庁所在地で、2001年(平成13)より特例市。県の行政・産業・文化の中心。戦国時代末期から山形城の城下町、羽州(うしゅう)街道の宿場町として発展。紅花市・植木市の商人や出羽三山(でわさんざん)詣での道者でにぎわった。1901年(明治34)奥羽本線の山形駅が開業、続いて左沢(あてらざわ)線・仙山(せんざん)線が開通し、鉄道交通の拠点となる。1992年(平成4)山形新幹線が通じ、東京と直結した地方中枢都市に成長。第二次世界大戦前から金属・鋳物工業が発達した。工業団地への電機・機械・食品加工など、内陸型工場の進出が顕著。近郊ではサクランボ・リンゴなどの果樹栽培が盛ん。七日町(なのかまち)を中心とする商店街は山形盆地一円を商圏とする。南東部一帯は蔵王国定公園に属し、名湯・蔵王温泉とスキー場がある。北部の宝珠山立石(りっしゃく)寺は松尾芭蕉の名句に詠まれた「山寺」で名高く、国の名勝かつ史跡。国指定史跡の山形城(別名「霞ヶ城(かすみがじょう)」)の城跡は、現在霞城(かじょう)公園となり、博物館・郷土館などがある。大平椿峠散策路、国指定の史跡である嶋遺跡(7世紀)がある。夏の山形花笠まつりが有名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山形県山形市の関連情報