コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山形県山形市 やまがた〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕山形〈市〉(やまがた〈し〉)


山形県中東部、山形盆地南部に位置する市。
同県の県庁所在地で、2001年(平成13)より特例市。県の行政・産業・文化の中心。戦国時代末期から山形城の城下町、羽州(うしゅう)街道の宿場町として発展。紅花市・植木市の商人や出羽三山(でわさんざん)詣での道者でにぎわった。1901年(明治34)奥羽本線の山形駅が開業、続いて左沢(あてらざわ)線・仙山(せんざん)線が開通し、鉄道交通の拠点となる。1992年(平成4)山形新幹線が通じ、東京と直結した地方中枢都市に成長。第二次世界大戦前から金属・鋳物工業が発達した。工業団地への電機・機械・食品加工など、内陸型工場の進出が顕著。近郊ではサクランボ・リンゴなどの果樹栽培が盛ん。七日町(なのかまち)を中心とする商店街は山形盆地一円を商圏とする。南東部一帯は蔵王国定公園に属し、名湯・蔵王温泉とスキー場がある。北部の宝珠山立石(りっしゃく)寺は松尾芭蕉の名句に詠まれた「山寺」で名高く、国の名勝かつ史跡。国指定史跡の山形城(別名「霞ヶ城(かすみがじょう)」)の城跡は、現在霞城(かじょう)公園となり、博物館・郷土館などがある。大平椿峠散策路、国指定の史跡である嶋遺跡(7世紀)がある。夏の山形花笠まつりが有名。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

山形県山形市の関連キーワード山形県山形市あかねケ丘山形県山形市あけぼの山形県山形市あこや町山形県山形市あさひ町山形県山形市梅野木前山形県山形市あずま町山形県山形市円応寺町山形県山形市御手作山形県山形市中野目山形県山形市飯塚町山形県山形市飯塚口山形県山形市五十鈴山形県山形市落合町山形県山形市印役町山形県山形市鋳物町山形県山形市馬洗場山形県山形市五日町山形県山形市大道端山形県山形市相生町山形県山形市七十刈

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山形県山形市の関連情報