コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山形県酒田市 さかた〈し〉

1件 の用語解説(山形県酒田市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕酒田〈市〉(さかた〈し〉)


山形県北西部、最上(もがみ)川河口部の庄内平野を占める市。
2005年(平成17)11月、旧・酒田市と飽海郡の八幡町、松山町、平田町が合併して現在の姿となる。庄内平野の稲作の中心地。最上川水運の拠点で、江戸時代初期から西廻(にしまわり)航路の寄港地、最上川流域産米の集積地、積み出し港として発展した。松嶺(まつみね)地区は、庄内藩から分知された松山藩の城下町。第二次世界大戦後、最上川河口北岸に木材・化学・電機などの工場が進出し、工業・貿易港に発展。酒田港は同県唯一の重要湾港である。1974年開港した掘り込み式の酒田北港は5万トン級船舶の入港が可能で、火力発電所などがある。農業畜産では庄内米・砂丘メロン・庄内柿(がき)・庄内豚が有名。その他野菜・果樹栽培や養蚕も行われる。山沿いの地域ではナメコ・タケノコを産する。焼き麩()が特産品。酒田港付近の倉庫群中に庄内米歴史資料館、JR酒田駅近くに本間美術館がある。日本海に浮かぶ飛島(飛島ウミネコ繁殖地として国指定の天然記念物)は鳥海(ちょうかい)国定公園に属し、酒田港から定期船便がある。鳥海山南麓には湯の台温泉が湧く。玉簾(たますだれ)の滝、鶴間池(つるまいけ)がある。旧鐙(あぶみ)屋は国指定の史跡。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山形県酒田市の関連情報