コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山形空港の東京便

1件 の用語解説(山形空港の東京便の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

山形空港の東京便

1964年に全日空(ANA)が運航を開始。85年に1日5往復になった。乗降客数のピークは91年で約47万人が利用した。しかし翌92年の山形新幹線開業後、利用客は低迷。便数も減り、ANAは2002年11月に撤退した。03年4月に日本エアシステム(JAS)が1日1往復の運航を始め、04年4月から経営統合により日本航空(JAL)が運航している。08年度の乗降客数は約5万7500人。

(2009-12-25 朝日新聞 朝刊 山形 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

山形空港の東京便の関連キーワードANAマイレージクラブANAホールディングスバニラ・エア株式会社スターフライヤー森山新子KEITO久保順子金子奈緒大河内貴子豊川優紀

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone