コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山彦河良(6世) やまびこかりょう[ろくせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山彦河良(6世)
やまびこかりょう[ろくせい]

[生]1915.1.8.
[没]1980.11.29.
河東節三味線方。女流。常磐津節から入って河東節以外にも宮薗節荻江節を学ぶ。 1958年6世を襲名。その広い知識に裏づけられた豪華で華麗な三味線は多くの愛好者を得,河東節に大きな力を与えた。 67年芸術選奨文部大臣賞受賞。作曲も行い,作品に『山姥』『奥の細道』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山彦河良(6世)の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット[各個指定]芸能部門黒人問題印僑RCA情報化社会平山郁夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android