コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山木検校(2世) やまきけんぎょうにせい

1件 の用語解説(山木検校(2世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山木検校(2世)
やまきけんぎょうにせい

[生]寛政12(1800)
[没]嘉永7(1854).1.23. 江戸
山田流箏曲家。都名 (いちな) 太賀一。本姓笠井。前名奥島勾当。1世山木検校に師事し,文政2 (1819) 年検校登官。作品に『子 (ね) の日の遊』『夏の詠』『寿くらべ』などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

山木検校(2世)の関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治ドルトン吉雄耕牛濃尾平野プロレスリング

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone