コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山木検校(2代) やまきけんぎょう

2件 の用語解説(山木検校(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山木検校(2代) やまきけんぎょう

1800-1854 江戸時代後期の箏曲(そうきょく)家。
寛政12年生まれ。山田流山木家2代家元。初代にまなび,奥島勾当(こうとう)をへて文政2年検校。美声家として知られ,「寿くらべ」「子(ね)の日の遊(あそび)」「夏の詠(ながめ)」などを作曲した。嘉永(かえい)7年1月23日死去。55歳。江戸出身。姓は笠井。名は大賀一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山木検校(2代)

没年:嘉永7.1.23(1854.2.20)
生年:寛政12(1800)
江戸後期の山田流箏曲家。名は太賀一。文政2(1819)年に検校になり,山田検校門下の初代山木検校松州一(1820没)のあとを継いで2代目山木となった。山木家は山田流箏曲芸系の御三家のひとつ。作品に「寿くらべ」「子の日の遊」「夏の詠」など。「深夜の月」「茶音頭」「宇治巡り」などの京風手事物には独自の箏の手を付けて山田流に普及させた。ねじって取り付ける箏のねじ足や「三つ指」の手法を創案したとも伝える。一中節の「吉原八景」「賤機」などを一中節と箏の掛合物に編曲したともいう。美声家であり,「美音山木」といわれた。門下に3代目山木検校大賀一など。3代目門下の4代目山木は,山木千賀と名乗って明治期に活躍した。

(野川美穂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山木検校(2代)の関連キーワード山田流岡康砧寿競市浦検校(初代)白勢高実千代田検校長瀬勝男一山木検校(3代)山田松黒山登検校(初代)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone