コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本〈町〉 やまもと〈まち〉

2件 の用語解説(山本〈町〉の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕山本〈町〉(やまもと〈まち〉)


秋田県北西部、能代平野南部、八郎潟干拓地の北東に存在した町。山本郡。
2006年3月、合併のため廃止。⇒三種町

〔旧地名〕山本〈町〉(やまもと〈ちょう〉)


香川県西部、財田(さいた)川中流域に存在した町。三豊(みとよ)郡。
四国八十八ヵ所第67番札所大興(だいこう)寺がある。2006年(平成18)1月、合併のため廃止。この合併により、三豊郡消滅。⇒三豊市

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本〈町〉の関連キーワード粉河高梁結城観音寺[市]財田[町]山本[町]大久保彦三郎谷口繁義福家惣衛竜山[村]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone