山村舞扇斎(初代)(読み)やまむら ぶせんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山村舞扇斎(初代) やまむら-ぶせんさい

1781-1845* 江戸時代後期の振付師。
天明元年生まれ。初代山村友右衛門の門弟。はじめ山村友五郎(初代)の名で役者をつとめる。のち3代中村歌右衛門,2代中村富十郎らの所作事(舞踊劇)を振り付けし,京坂随一といわれた。上方舞山村流の。天保(てんぽう)15年11月29日死去。64歳。大坂出身。俳名は吾斗(ごと)。作品に「風流釣狐」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android