コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村舞扇斎(初代) やまむら ぶせんさい

1件 の用語解説(山村舞扇斎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山村舞扇斎(初代) やまむら-ぶせんさい

1781-1845* 江戸時代後期の振付師。
天明元年生まれ。初代山村友右衛門の門弟。はじめ山村友五郎(初代)の名で役者をつとめる。のち3代中村歌右衛門,2代中村富十郎らの所作事(舞踊劇)を振り付けし,京坂随一といわれた。上方舞山村流の祖。天保(てんぽう)15年11月29日死去。64歳。大坂出身。俳名は吾斗(ごと)。作品に「風流釣狐」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山村舞扇斎(初代)の関連キーワード岩井喜代松お直河原遜斎交寛美酒井未白佐渡島長蔵篠塚呂友長隠(1)中村京十郎(初代)藤間勘右衛門(初代)