山桃・楊梅(読み)やまもも

精選版 日本国語大辞典「山桃・楊梅」の解説

やま‐もも【山桃・楊梅】

〘名〙 ヤマモモ科の常緑高木。本州の関東以西、四国、九州、沖縄の海岸近くの山地に生える。高さ一〇メートルに達する。葉は倒披針形で長さ一〇センチメートルぐらい、枝先に集まってつく。雌雄異株。春、葉腋に花被のない黄紅褐色の単性花をつける。雄穂は円柱形で長さ約三センチメートル、雌穂は卵状長楕円形でやや小さい。果実は径一~二センチメートルの球形の核果で紅紫色に熟し甘酸っぱく食べられる。樹皮を乾燥したものを楊梅皮(ようばいひ)と呼び下痢・打撲症の薬に用いる。材は細工・薪炭用。漢名、楊梅。《季・夏》
▼やまももの花《季・春》 〔本草和名(918頃)〕
[語誌](1)古くはヤマモモと呼ばれるものには「楊梅」「山桜桃」の二種があった。しかし、次第にヤマモモの語は「楊梅」にのみあてられるようになる。
(2)一方「楊梅」は果実として定着し、この白い実は「又一種熟して白色なる者あり しろももと云」〔本草綱目啓蒙‐二六〕ともあるように、「水精楊梅」「しろもも」と呼ばれ珍重された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android