コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山梨県南アルプス市(読み)みなみアルプス〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕南アルプス〈市〉(みなみアルプス〈し〉)


山梨県西部、南アルプス山麓に位置する市。
2003年(平成15)4月、中巨摩(なかこま)郡の八田村、白根町、芦安村、若草町、櫛形町、甲西町が合併して成立。西部は長野県との県境に接する。釜無(かまなし)川右岸に広がる御勅使(みだい)川の扇状地とそれに続く低地では、モモ・ブドウ・サクランボ・コロ柿などの果樹と野菜栽培が盛ん。稲作も行われる。芦安地区を中心に広がる山間部には3000メートル級の山々が連なり、南アルプス国立公園に指定されている。芦安地区の集落は夜叉神(やしゃじん)峠東側の御勅使川上流沿いに点在。北沢峠を越えて長野県に南アルプス林道が通じる。芦安温泉・桃の木温泉が湧き、庭石用の高級石材、白鳳(はくほう)石を産する。若草地区は伝統的な粘土瓦の産地として知られ、甲州鬼面瓦(きめんがわら)を特産。同地区は物々交換の十日市(2月)でも知られている。臨済宗の古刹、古長禅(こちょうぜん)寺は武田信玄の母大井夫人の菩提寺。北伊奈ヶ湖(きたいながこ)水辺公園にはキャンプ場がある。櫛形地区にある物見塚(ものみづか)古墳(5世紀初頭)は県の指定史跡。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山梨県南アルプス市の関連情報