コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山梨県南巨摩郡南部町 なんぶ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕南部〈町〉(なんぶ〈ちょう〉)


山梨県南巨摩(みなみこま)郡、富士川沿いの町。
静岡県との県境を有し、同県への通勤者も多い。2003年(平成15)3月、同郡富沢町と合併して現在の姿となる。鎌倉時代に成立した武士団、南部氏発祥の地として知られる。江戸時代には甲斐・駿河両国を結ぶ水陸交通の要地として繁栄。スギ・ヒノキの林業のほか、茶・ミカンブドウタケノコなどの栽培が盛ん。佐野川渓谷、福士川渓谷では渓流釣りが楽しめる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone