コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山梨県南巨摩郡南部町(読み)なんぶ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕南部〈町〉(なんぶ〈ちょう〉)


山梨県南巨摩(みなみこま)郡、富士川沿いの町。
静岡県との県境を有し、同県への通勤者も多い。2003年(平成15)3月、同郡富沢町と合併して現在の姿となる。鎌倉時代に成立した武士団、南部氏発祥の地として知られる。江戸時代には甲斐・駿河両国を結ぶ水陸交通の要地として繁栄。スギ・ヒノキの林業のほか、茶・ミカン・ブドウ・タケノコなどの栽培が盛ん。佐野川渓谷、福士川渓谷では渓流釣りが楽しめる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android