山梨県南都留郡道志村(読み)どうし〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕道志〈村〉(どうし〈むら〉)


山梨県南東部、道志川上流域の村。南都留(みなみつる)郡
神奈川県に隣接し、横浜市の水源涵養林(かんようりん)が広がる。この関係に基づく「横浜市民ふるさと村」として、市民村民の交流を図っている。クレソン・シイタケの栽培と木工業が主産業で、電機ほかの小工場を誘致。民宿経営が盛んで、観光農園・キャンプ場・スポーツ広場などを整備。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android