山梨県南都留郡鳴沢村(読み)なるさわ〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕鳴沢〈村〉(なるさわ〈むら〉)


山梨県南部、富士山北麓の村。南都留(みなみつる)郡
集落は足和田山南麓に集中し、トウモロコシ・ダイコン・キャベツなどの高冷地野菜栽培花卉(かき)栽培も盛ん。標高1000~1200mメートル地帯に高原別荘地やゴルフ場が開発され観光地化している。鳴沢氷穴(国の天然記念物)、鳴沢溶岩樹型(同特別天然記念物)などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android