山梨県大月市(読み)おおつき〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕大月〈市〉(おおつき〈し〉)


山梨県東部、桂川中流域に位置する市。
甲斐絹(かいき)の産地として知られたが、現在は電機・機械・プラスチックなどの工業が盛ん。富士山北麓へ向かう鉄道・道路が分岐する要衝。江戸時代から、甲州街道と富士道中が分岐する宿場町として栄えた。桂川に架かる猿橋は日本三奇橋の一つとされる刎木(はねぎ)橋で国の名勝に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山梨県大月市の関連情報