コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山梨県山梨市 やまなし〈し〉

1件 の用語解説(山梨県山梨市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕山梨〈市〉(やまなし〈し〉)


山梨県北東部、埼玉県と長野県の県境に位置する市。
2005年(平成17)3月、旧・山梨市と、東山梨郡牧丘町、同三富村が合併して現在の姿となる。市内を笛吹川が南北に流れる。ブドウ(巨峰)・モモ・リンゴなどの果樹栽培が盛んで、甲州ワインの産地としても知られる。花卉(かき)・野菜の栽培、養蚕と繊維業、コンニャクの製造も行われる。足利尊氏が夢窓疎石(国師)を開山として創立したとされる清白(せいはく)寺仏殿は国宝、窪八幡(くぼはちまん)神社本殿と神門などは国の重要文化財に指定。山梨県笛吹川フルーツ公園の園内にはフルーツミュージアムがあり、園と隣接して横溝正史館もある。北西部の乙女高原はレンゲツツジの名所。西沢渓谷周辺には川浦温泉・金峰(きんぷ)温泉など温泉施設が点在する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山梨県山梨市の関連情報