コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山梨県山梨市 やまなし〈し〉

1件 の用語解説(山梨県山梨市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕山梨〈市〉(やまなし〈し〉)


山梨県北東部、埼玉県と長野県の県境に位置する市。
2005年(平成17)3月、旧・山梨市と、東山梨郡牧丘町、同三富村が合併して現在の姿となる。市内を笛吹川が南北に流れる。ブドウ(巨峰)・モモ・リンゴなどの果樹栽培が盛んで、甲州ワインの産地としても知られる。花卉(かき)・野菜の栽培、養蚕と繊維業、コンニャクの製造も行われる。足利尊氏が夢窓疎石(国師)を開山として創立したとされる清白(せいはく)寺仏殿は国宝、窪八幡(くぼはちまん)神社本殿と神門などは国の重要文化財に指定。山梨県笛吹川フルーツ公園の園内にはフルーツミュージアムがあり、園と隣接して横溝正史館もある。北西部の乙女高原はレンゲツツジの名所。西沢渓谷周辺には川浦温泉・金峰(きんぷ)温泉など温泉施設が点在する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山梨県山梨市の関連情報