山梨県甲斐市(読み)かい〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕甲斐〈市〉(かい〈し〉)


山梨県北西部、甲府盆地の北西部を流れる釜無(かまなし)川の左岸に位置する市。
東部は甲府市に隣接する。2004年(平成16)9月、中巨摩郡敷島町、同竜王町と、北巨摩郡双葉町が合併して成立。南北に細長い市で、南部は住宅地と農地が混在する市街地、北部は中山間地域。山間部では、養蚕・畜産やブドウ・シイタケの栽培が行われる。茅ヶ岳(かやがたけ)南麓の桑畑はブドウ畑への転換が進み、サントリー登美の丘ワイナリーがある。市の南部では稲作・養蚕が行われるほか、電機・金属などの工場が立地。玉幡公園(Kai・遊・パーク(かいゆうぱーく))は総合スポーツセンター。釜無川治水史を物語る信玄堤公園は地域住民の憩いの場。荒川上流に国の特別名勝の御岳昇仙峡(みたけしょうせんきょう)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山梨県甲斐市の関連情報