コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山梨県韮崎市 にらさき〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕韮崎〈市〉(にらさき〈し〉)


山梨県北西部、甲府盆地の北西端に位置する市。
戦国大名の武田氏発祥の地で、新府(しんぷ)城跡などの史跡が残る。江戸時代には甲州街道の宿場町、富士川水運の河港として発展。稲作と果樹・野菜栽培が盛ん。輸送用機器・電機ほか各種工場が立地。南アルプス登山の玄関口で、市域西端に鳳凰(ほうおう)山がそびえる。七里岩南端に建立された平和観音は関東三観音の一つに数えられる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

山梨県韮崎市の関連キーワード山梨県韮崎市大草町下條西割山梨県韮崎市大草町下條中割山梨県韮崎市龍岡町下條東割山梨県韮崎市大草町上條東割山梨県韮崎市龍岡町若尾新田山梨県韮崎市龍岡町下條南割山梨県韮崎市穂坂町上今井山梨県韮崎市中田町小田川山梨県韮崎市穂坂町三之蔵山梨県韮崎市穂坂町宮久保山梨県韮崎市藤井町北下條山梨県韮崎市円野町入戸野山梨県韮崎市旭町上條北割山梨県韮崎市穂坂町三ツ澤山梨県韮崎市穂坂町長久保山梨県韮崎市神山町北宮地山梨県韮崎市円野町上円井山梨県韮崎市旭町上條中割山梨県韮崎市旭町上條南割山梨県韮崎市藤井町南下條

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山梨県韮崎市の関連情報