山水屏風・山水屛風(読み)せんずいびょうぶ

大辞林 第三版の解説

せんずいびょうぶ【山水屏風・山水屛風】

山水を描いた屛風で、真言密教の灌頂儀式の調度の一つとして使用されたもの。東寺(教王護国寺)・神護寺などに伝わる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android