山田 正平(読み)ヤマダ ショウヘイ

20世紀日本人名事典の解説

山田 正平
ヤマダ ショウヘイ

大正・昭和期の篆刻家



生年
明治32(1899)年2月1日

没年
昭和37(1962)年8月16日

出生地
新潟県

旧姓(旧名)
木村

別名
号=一止,一止廬

経歴
大正7年篆刻家・山田寒山の長女と結婚して養嗣子となる。8年中国に渡り、呉昌碩師事。14年に刊行された堀口大學の詩集月下一群」の奥付印を手がけたことで知られる。父の縁で同郷歌人書家会津八一親交を持ち、大きな影響を受けた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android