山田 正平(読み)ヤマダ ショウヘイ

20世紀日本人名事典の解説

山田 正平
ヤマダ ショウヘイ

大正・昭和期の篆刻家



生年
明治32(1899)年2月1日

没年
昭和37(1962)年8月16日

出生地
新潟県

旧姓(旧名)
木村

別名
号=一止,一止廬

経歴
大正7年篆刻家・山田寒山の長女と結婚して養嗣子となる。8年中国に渡り、呉昌碩師事。14年に刊行された堀口大學の詩集月下一群」の奥付印を手がけたことで知られる。父の縁で同郷歌人書家会津八一親交を持ち、大きな影響を受けた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android