山田 珠樹(読み)ヤマダ タマキ

20世紀日本人名事典の解説

山田 珠樹
ヤマダ タマキ

大正・昭和期の仏文学者 東京帝国大学助教授。



生年
明治26(1893)年2月26日

没年
昭和18(1943)年11月24日

出生地
東京・芝

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部哲学科心理学専攻〔大正6年〕卒

経歴
大正10年文部省在外研究員としてフランス・ソルボンヌ大留学。帰国後の13年東大文学部助教授となり、フランス文学を講じた。一方附属図書館司書官を兼任、震災後の復興に尽力。昭和5年仏文科専任となり、辰野隆鈴木信太郎とともにフランス文学の研究、紹介に努めたが、9年病気のため休職、療養生活に入った。著書に「現代仏文学研究」「フランス文学覚書」「中世仏蘭西文学」「スタンダール研究」「ゾラの生涯と作品」、随筆「東門雑草」、訳書にツンベルグ「日本紀行」、ビルドラック商船テナシチー」、ルナール「にんじん」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android