山田 盛太郎(読み)ヤマダ モリタロウ

  • 山田 盛太郎 (やまだ もりたろう)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の経済学者 東京大学名誉教授。



生年
明治30(1897)年1月29日

没年
昭和55(1980)年12月27日

出生地
愛知県葉栗郡黒田町(現・木曽川町)

学歴〔年〕
東京帝国大学経済学部〔大正12年〕卒

学位〔年〕
経済学博士(東京大学)〔昭和25年〕

主な受賞名〔年〕
勲二等瑞宝章〔昭和42年〕

経歴
大正14年東京帝大経済学部助教授になったが、昭和5年共産党シンパ事件に関連して大学を去る。7年から野呂栄太郎らと「日本資本主義発達史講座」(7巻)を編集刊行、いわゆる“講座派”の理論的代表者といわれ、労農派と論争した。9年に出版された「日本資本主義分析」は日本資本主義の“軍事的半封建的”性格を明らかにした名著といわれる。11年コム・アカデミー事件に連座して投獄され、14年出獄後は東亜研究所研究員となった。戦後、東京大学教授に復帰、25年経済学部長、32年定年退官。専修大学教授、龍谷大学教授を歴任。41年東大名誉教授となる。他の著書に「日本農業再生産構造の基礎的分析」「戦後再生産構造の段階と農業形態」、「山田盛太郎著作集」(全5巻・別巻1 岩波書店)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1897年1月29日
大正時代;昭和時代の経済学者
1980年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android