山田 省三郎(読み)ヤマダ ショウザブロウ

20世紀日本人名事典「山田 省三郎」の解説

山田 省三郎
ヤマダ ショウザブロウ

明治期の政治家 衆院議員(大同倶楽部)。



生年
天保13年12月5日(1843年)

没年
大正5(1916)年3月8日

出身地
美濃国加納輪中佐波村(岐阜県柳津町)

経歴
漢学を修めた後、農業を営む。若くして名主となり、美濃加納輪中佐波村(岐阜県柳津町)の庄屋を務める。加納藩堤防普請掛、佐波学校幹事などを経て、明治12年岐阜県議となる。一方、脇坂文助らと治水共同社を結成、更に金原明善らと大日本治水協会を設立、また加納輪中堤防委員、伏越水利組合総理となり、長年に渡って木曽三川河川改修工事を進め、治水事業に尽力した。35年から衆院議員(大同倶楽部)に当選3回。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android