コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田町NPO問題

1件 の用語解説(山田町NPO問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

山田町NPO問題

被災者を緊急雇用する事業を山田町から委託されたNPO法人「大雪りばぁねっと。」が2012年11月、資金難を町に打ち明けたことから発覚。同年12月、雇っていた被災者137人全員を解雇した。その後、目的がはっきりしない研修を繰り返したり、雇用実態のない人に人件費を支給したりするなど、放漫な運営実態が町の調査で明るみに出た。町に補助金を出した県は、11、12年度事業費のうち約6億7千万円を目的外使用として補助対象から外し、町に返還を求めた。町はNPO代表理事を相手取り、目的外支出とした5億200万円の損害賠償を求め、盛岡地裁に提訴している。NPOは13年5月に破産を申し立て、解散した。

(2014-02-05 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山田町NPO問題の関連キーワードキャッシュフォーワーク子供・被災者支援法農業サービス事業体雇用調整助成金(中小企業緊急雇用安定助成金を含む)緊急雇用創出事業緑の雇用被災者雇用開発助成金と地域雇用開発助成金復旧支援緊急雇用創出事業臨時特例基金山田NPO問題

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone