山田 真山(読み)ヤマダ シンザン

20世紀日本人名事典の解説

山田 真山
ヤマダ シンザン

大正・昭和期の画家,彫刻家



生年
明治18(1885)年12月27日

没年
昭和52(1977)年1月29日

出生地
沖縄県那覇市

本名
渡嘉敷 兼慎

学歴〔年〕
東京美術学校

経歴
大工の棟梁の内弟子となり福岡へ出た後、工芸家峰岸宝哉に師事、20歳で東京美術学校に入り山田泰雲に塑像を学び養子となった。卒業後、北京の美術学校で教え、帰国して小堀鞆音日本画を学んだ。大正13年明治神宮絵画館の壁画「琉球藩設置の図」を描いて名をあげた。戦前「真人団」という芸術家集団を組織して世界政府建設運動を進めた。戦後は世界平和をめざし平和慰霊像の建立に力を注いだ。世界100カ国の霊石を集め、昭和32年から高さ21メートルの観音像の制作を始め、90歳を越えて完成に努めた。作品には他に「降魔之図」「定山渓之図」などの日本画がある。「郷土の文化を守る会」の会長として文化遺産の収集、再興に尽力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android