コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山登検校(初代) やまとけんぎょう

2件 の用語解説(山登検校(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山登検校(初代) やまとけんぎょう

1782-1863 江戸時代後期の箏曲(そうきょく)家。
天明2年1月12日生まれ。山田検校一番弟子。文化9年検校となる。山田流の発展につくし,門人に2代山登検校,千代田検校ら。山田流御三家筆頭の山登家初代家元。文久3年2月27日死去。82歳。江戸出身。本姓は高木。名は松和一(しょうわいち)。著作に「増訂撫箏(ぶそう)雅譜集」。作品に「春日詣」「西行」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山登検校(初代)

没年:文久3.2.27(1863.4.14)
生年:天明2.1.12(1782.2.23)
江戸中・後期の山田流箏曲家。名は松和一。文化9(1812)年に検校。師の山田検校より山田姓の継承を命じられたが辞したという。煉薬で美声を保ち,富本節や河東節を嗜み,琵琶や胡弓も得意とした。『蜘蛛の糸巻』(1846)に「出藍の聞えありて」とある。山田検校の作品集『吾嬬箏譜』再板(1824)に跋文と自作を追加。『増訂撫箏雅譜集』(1853)を刊行。作品に「春日詣」「初若菜」「糸の恋」「西行」「手枕」「新七草」「なでしこ」など。門下に2代目山登検校松逸一,千代田検校,初代佐藤登名美ほか。<参考文献>平野健次監修・解説レコードアルバム『山登検校の代々』

(野川美穂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

山登検校(初代)の関連キーワードフェイト中島名左衛門天明の飢饉石谷清昌ラーマ[1世]児童文学会沢正志斎山登検校(初代)会沢正志斎山登派

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone