コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山登検校(初代) やまとけんぎょう

2件 の用語解説(山登検校(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山登検校(初代) やまとけんぎょう

1782-1863 江戸時代後期の箏曲(そうきょく)家。
天明2年1月12日生まれ。山田検校一番弟子。文化9年検校となる。山田流の発展につくし,門人に2代山登検校,千代田検校ら。山田流御三家筆頭の山登家初代家元。文久3年2月27日死去。82歳。江戸出身。本姓は高木。名は松和一(しょうわいち)。著作に「増訂撫箏(ぶそう)雅譜集」。作品に「春日詣」「西行」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山登検校(初代)

没年:文久3.2.27(1863.4.14)
生年:天明2.1.12(1782.2.23)
江戸中・後期の山田流箏曲家。名は松和一。文化9(1812)年に検校。師の山田検校より山田姓の継承を命じられたが辞したという。煉薬で美声を保ち,富本節や河東節を嗜み,琵琶や胡弓も得意とした。『蜘蛛の糸巻』(1846)に「出藍の聞えありて」とある。山田検校の作品集『吾嬬箏譜』再板(1824)に跋文と自作を追加。『増訂撫箏雅譜集』(1853)を刊行。作品に「春日詣」「初若菜」「糸の恋」「西行」「手枕」「新七草」「なでしこ」など。門下に2代目山登検校松逸一,千代田検校,初代佐藤登名美ほか。<参考文献>平野健次監修・解説レコードアルバム『山登検校の代々』

(野川美穂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山登検校(初代)の関連キーワード山田流山登松和岡康砧白勢高実高橋栄清(2代)千代田検校長瀬勝男一山木検校(初代)山木検校(2代)山田松黒

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone