コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県大貳 やまがた だいに

1件 の用語解説(山県大貳の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山県大貳

江戸中期の尊王論者。甲斐生。名は昌貞、幼名は三之介、字は士明・公勝、号に柳荘・洞斎等。儒者の加賀美光章五味釜川に学び、岩槻藩大岡忠光に仕官した。のち江戸に出て『柳子新論』を著わし、尊王の大義と幕政の排除を説いた。明和4年(1767)歿、43才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山県大貳の関連キーワード里邨昌億渡辺寿開国論素堂尊王論山県大弐河内公明千秋藤篤詮茂

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone