コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県大貳 やまがた だいに

美術人名辞典の解説

山県大貳

江戸中期の尊王論者。甲斐生。名は昌貞、幼名は三之介、字は士明・公勝、号に柳荘・洞斎等。儒者加賀美光章五味釜川に学び、岩槻藩大岡忠光に仕官した。のち江戸に出て『柳子新論』を著わし、尊王の大義と幕政の排除を説いた。明和4年(1767)歿、43才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android