コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県 有朋 ヤマガタ アリトモ

20世紀日本人名事典の解説

山県 有朋
ヤマガタ アリトモ

江戸時代末期〜大正期の政治家,陸軍大将,元帥,公爵 首相;元老;枢密院議長。



生年
天保9年閏4月22日(1838年)

没年
大正11(1922)年2月1日

出生地
長門国萩城下川島庄(山口県萩市)

別名
幼名=辰之助,前名=小輔,狂介

経歴
松下村塾に学び、高杉晋作・伊藤博文ら尊王派志士と交わる。文久3年(1863)奇兵隊軍監となり、4国連合艦隊に敗戦。また慶応2年(1866)第2次征長の役に参戦。戊辰戦争時は北陸鎮撫総督・会津征討越後国総督参謀。明治2年渡欧、3年帰国後兵部大輔、5年陸軍大輔・中将。徴兵令を制定し軍制を確立。6年陸軍卿に就任、佐賀の乱、西南の役に参軍。その後木戸・大久保の死去、大隈・板垣の失脚により、伊藤博文と共に藩閥政府の最高指導者となる。16年内務卿、18年第1次伊藤内閣の、21年黒田内閣の内相。20年保安条例を公布した。22年首相に就任し、教育勅語を発布。23年陸軍大将に進み、25年第2次伊藤内閣の法相、26年枢密院議長。日清戦争時は第1軍司令官、日露戦争時は参謀総長を務めた。31年元帥。同年第2次内閣を組閣、33年軍部大臣現役武官制を制定。42年伊藤の死後は政界に絶大なる権力を振るったが、大正10年宮中某重大事件(皇太子妃選定問題)で各方面の非難を受け、枢密院議長を辞任した。終生の政党嫌いで知られる。著書に「懐旧記事」(全5巻)「山県有朋意見書」など。一方、近藤芳樹、井上通秦らに師事して和歌を学び、のち森鷗外らと歌会常磐会(明治39年〜大正11年)を催した。歌集に「葉桜日記」「椿山集」「年々詠草」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

山県 有朋
ヤマガタ アリトモ


肩書
第3・9代首相,元老,枢密院議長

別名
幼名=辰之助 前名=小輔 狂介

生年月日
天保9年閏4月22日(1838年)

出生地
長門国萩城下川島庄(山口県萩市)

経歴
松下村塾に学び、高杉晋作・伊藤博文ら尊王派志士と交わる。文久3年(1863)奇兵隊軍監となり、4国連合艦隊に敗戦。また慶応2年(1866)第2次征長の役に参戦。戊辰戦争時は北陸鎮撫総督・会津征討越後国総督参謀。明治2年渡欧、3年帰国後兵部大輔、5年陸軍大輔・中将。徴兵令を制定し軍制を確立。6年陸軍卿に就任、佐賀の乱、西南の役に参軍。その後木戸・大久保の死去、大隈・板垣の失脚により、伊藤博文と共に藩閥政府の最高指導者となる。16年内務卿、18年第1次伊藤内閣の、21年黒田内閣の内相。20年保安条例を公布した。22年首相に就任し、教育勅語を発布。23年陸軍大将に進み、25年第2次伊藤内閣の法相、26年枢密院議長。日清戦争時は第1軍司令官、日露戦争時は参謀総長をつとめた。31年元帥。同年第2次内閣を組閣、33年軍部大臣現役武官制を制定。42年伊藤の死後は政界に絶大なる権力を振るったが、大正10年宮中某重大事件(皇太子妃選定問題)で各方面の非難を受け、枢密院議長を辞任した。終生の政党嫌いで知られる。著書に「懐旧記事」(全5巻)「山県有朋意見書」など。一方、近藤芳樹、井上通秦らに師事して和歌を学び、のち森鷗外らと歌会常磐会(明治39年〜大正11年)を催した。歌集に「葉桜日記」「椿山集」「年々詠草」などがある。

没年月日
大正11年2月1日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

山県 有朋の関連キーワード東邦生命保険[相互会社]研究会[貴族院]山県ロバノフ協定山口県萩市川島帝国国防方針黒田清隆内閣大隈重信内閣市制及町村制山城屋事件児玉源太郎治安警察法本山白雲西郷従道藤村道生清浦奎吾国民協会寺内正毅吉田松陰北越戦争山県貞子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山県 有朋の関連情報