コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山角定勝

1件 の用語解説(山角定勝の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山角定勝

室町後期の武将。定吉の三子。政長・定助・紀伊守と称す。北条氏政及び氏直に仕える。徳川家康と氏直が講和の時、家康の娘督姫が氏直に嫁したが、その時媒酌を勤める。小田原没後、氏直に従って高野山に上るが、氏直死後は家康に仕え、相模国で千二百石を領した。慶長8年(1603)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山角定勝の関連キーワード長富等逸古市重胤楊門細川茂之烏丸冬光雲谿等室三光尉三子定助郷遊佐国助

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone