山路 ふみ子(読み)ヤマジ フミコ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

山路 ふみ子
ヤマジ フミコ


職業
女優 社会事業家

肩書
山路ふみ子文化財団会長

本名
大久保 ふみ子

生年月日
明治45年 3月13日

出生地
兵庫県 神戸市菅原町

学歴
森高等女学校〔昭和5年〕卒

経歴
昭和4年ミス神戸に選ばれたのをきっかけに、5年森高等女学校を卒業と同時に帝国キネマ(のち新興キネマに改組)に入社。同年志波西果監督の時代劇「時代の反抗児」でデビュー、同年印南弘監督「神戸行進曲」で初主演。7年日活に転じるが、10年新興キネマに復帰。以来新興の看板スターとして活躍、19年に退社するまで「国境の町」「露営の歌」「あゝ故郷」「元禄忠臣蔵」など100本を超える作品に出演。この間、12年溝口健二監督の「愛怨峡」で温泉宿の若主人と駆け落ちして転落していく女中役を熱演、溝口の指導により演技に開眼したと話題になった。戦後は山路ふみ子劇団を率いて地方巡業を行う傍ら2本の映画に出演したが、25年引退、母とともに東京・芝公園で料亭・山路を経営。39年料亭を売却した資金1億円で山路ふみ子自然科学振興財団を設立、少壮科学者や研究団体に奨学金・研究助成金を贈った。51年には山路ふみ子文化財団を設立、会長となり、映画関係者の表彰・援助を行う“山路ふみ子賞”を制定した。その後も平成元年災害遺児を対象に山路ふみ子奨学基金、2年ネパールに女性のための職能施設を創設、3年公益信託山路ふみ子専門看護教育助成基金を設立するなど、私財を投じて公益事業の助成に尽くした。自伝に「命あるかぎり贈りたい」がある。

受賞
藍綬褒章〔昭和47年〕,ネパール国ゴルカ・ダクシン・バフ(外国人最高位勲章)〔平成5年〕 中央公論賞(第2回)〔昭和39年〕,東京都知事表彰〔昭和39年〕,日本映画ペンクラブ賞〔昭和57年〕

没年月日
平成16年 12月6日 (2004年)

伝記
命あるかぎり贈りたい―山路ふみ子自伝新興キネマ―戦前娯楽映画の王国 山路 ふみ子 著佐藤 忠男,登川 直樹,丸尾 定 編(発行元 草思社山路ふみ子文化財団,フィルムアート社〔発売〕 ’94’93発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

山路 ふみ子 (やまじ ふみこ)

生年月日:1912年3月13日
昭和時代;平成時代の女優;社会事業家
2004年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山路 ふみ子の関連情報